アコムログインする前に!

アコムの会員ログイン・審査申し込みをする前に、じっくりと他のカードローンと比較してみてカードローンを選んでください。
比較のポイントは「金利」「限度額」「無利息サービス」「総量規制」です。

アコムのキャッシングローン商品内容

金利 年4.7%~18.0%
限度額 1万円~500万円
無利息サービス 最大30日
※アコムでのご契約がはじめての方は契約日の翌日から30日間金利がかかりません。返済期日「35日ごと」で契約が条件
総量規制 総量規制の対象です。

アコムの最高金利は18.0%です。
利用金額が100万円以下の場合はこの18.0%が適用されます。
消費者金融系のカードローンの最高金利は18.0%の商品がほとんどですが
銀行系のカードローンは最高金利15.0%以下の商品が多いのが特徴です。
カードローンの借り換えやカードローンの新規契約をお考えでしたら銀行系のカードローンをおすすめします。

カードローン比較

カードローン 審査 融資 土日祝 金利 限度額 無利息 総量規制
みずほ銀行
最短即日 最短即日 × 年3.0%~7.0%
[エグゼクティブプラン]
年4.0%~14.0%
[コンフォートプラン]
1000万円 なし 対象外
バンクイック
最短30分 最短即日 対応 年4.6%~14.6% 500万円 なし 対象外
オリックス銀行
最短即日 最短即日 × 年3.0%~17.8% 800万円 なし 対象外
楽天銀行
最短即日 最短即日 対応 年4.9%~14.5% 500万円 なし 対象外
三井住友銀行
最短30分 最短即日 対応 年4.0%~14.5% 800万円 なし 対象外
静岡銀行
最短30分 最短即日 × 年4.0%~14.5% 500万円 なし 対象外
スルガ銀行
最短即日 最短即日 × 年3.9%~14.9%
[リザーブプラン]
800万円 なし 対象外
プロミス
最短30分 最短即日 対応 年4.5%~17.8% 500万円 30日間 対象
レイク
最短30分 最短即日 対応 年4.5%~18.0% 500万円 30日間
or
180日間
対象外
アコム
最短30分 最短即日 対応 年4.7%~18.0% 500万円 最大30日 対象
アイフル
最短30分 最短即日 × 年4.5%~18.0% 500万円 なし 対象
モビット
最短即日 最短即日 対応 年3.0%~18.0% 800万円 なし 対象

カードローンに関することで

カードローンは個人の信用で、無担保にて手軽に借入することが出来るローンです。審査は当然ありますが、一定の職業について安定した収入のある人なら、簡単に借入することが出来るのが、特徴でもあります。カードで借り入れを行うので、あらかじめ限度額が決められておりますが、この限度額内であれば、何回でも借り入れと返済を繰り返すことが出来ることも特徴です。銀行で借り入れを行う場合は、なかなか繰り返しというわけにはいきません。そういうことでは、本当に困っている時に活用することが出来るのがカードローンとも言えましょう。

限度額は、返済が延滞しているなどの事態が発生しない限り、減額されることはなく、審査も必要ありません。一般にカードローンを申し込む場合は、4社以上に申し込むと返済能力が低いのではとみなされ、審査が通りにくくなるようです。利用の仕方を間違わなければ、銀行なんかのローンよりも、利用しやすいのです。簡単で手軽に利用出来るからと言って、いつのまにか自分の能力以上の借金にまで、膨らまないようにはくれぐれも注意が必要です。現代はローン社会とも言われるように、我々の消費生活にはカードローンが深く関係しており、日々快適な生活の下支えをしてくれているのです。

カードローンの審査について

カードローンでお馴染みの銀行などは、何だか審査が厳しそうだというイメージがあります。そのイメージは、貸金業者からの借り入れに馴染んでいる人ほど強いものです。確かに貸金業者と銀行とを単純に比較すると、一般的に銀行のほうが審査は厳しい傾向があります。何だかんだ言っても、やはり貸金業者は易しい審査が大きなメリットなのです。しかし、銀行の審査が厳しいというのは、あくまでも比較的ということです。貸金業者と比較するから厳しいと感じるだけであって、実際はそんなに厳しいとも言えません。なぜなら、ごく平凡な社会人が平凡な銀行カードローンに申し込んだとすれば、審査には普通に通ると考えて間違いないからです。

たとえば平均的な年収のサラリーマンで、特に借金も無く、過去に金融機関とトラブルを起こしたことも無いようであれば、審査に落ちてしまうということは考えにくいことです。申し込んだのに審査に落ちてしまうということは、その人は落ちるだけの問題を抱えていなければならないという結論になります。ですから年収が極端に低いとか、金融事故の経験者であるとか、また、既に他社から多額の借り入れをしているとか、何か特別な問題を抱えていない限りは、審査などは恐れる必要はありません。ただし手続きの時は、記入ミスなどには気を付けましょう。

消費者金融と協会について

消費者金融業界に存在する企業の規模は、それぞれ全く異なります。良く知られる大企業を筆頭にして、名も知らない中小企業が後を追います。大企業であれば知名度がありますが、数では中小企業が上回ります。企業の違いは資金力だけではありません。消費者金融企業に限らず、全ての貸し出しサービス企業が登録する協会が、賃金業界に存在しています。協会への登録は必ず必要となるものではないため、未登録企業も数多く存在します。協会への登録を済ませると、どの様な特典があるのでしょうか。

たとえば、信用情報を照会できる特典を備えます。信用情報はもちろん、企業の審査で必要となるものです。一つの企業のみの力で、知ることのできる範囲は大変限られます。しかし、いくつもの企業で情報を共有すれば、認知範囲を拡大することが可能です。協会会員であれば、信用情報の登録も照会も実施できます。各企業の持つ情報を参照できる点が、会員になるメリットとなっています。メリットとしては他にも、企業の信頼性を高める点が挙げられます。会員登録の審査はしっかりと行われているため、登録を済ませた企業であれば安心してご利用になれます。よって利用者の観点からも、協会の存在は十分に機能しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加