金利と利息、返済負担に関して

キャッシングを利用するうえで最も大切なことは、『確実に完済できる事』です。利用する状況は違えど、お金を借りたからにはしっかりと返済することが必要です。そこで、完済を目指すうえで大切なポイントを紹介します。

キャッシングを利用してお金を借りる場合、ほぼ100%金利が設定されています。金利が設定されているという事は、それに応じた利息が発生するという事です。金利10%の商品を10万円利用した場合には、1万円程の利息が必要になります。この1万円と言う金額は毎月返済する必要がある利息と言う訳では無く、元金10万円に対しての1年間で発生する利息の金額です。その為、月々の返済時に必要になる利息はその1/12となります。

元金に対して利息が計算される為、元金が多ければ利息も多く、元金が少なければ利息も少なくなります。キャッシング会社の中にはあらかじめ返済回数を指定し、毎月一律の利息を必要としているところもありますが、多くのキャッシング会社はその都度、元金に対して利息を計算する方法を取っています。その為、元金の変動は直に利息に影響する事になりますので、少しでも早く元金を減らすことで実質的に必要となる利息を少なく抑えることができます。

つまり、「早く返せば返すほど返済の負担は軽くなる」という事です。多くの金額を返済するのは大変かもしれませんが、結果的には返済総額を抑えることが出来るため負担は軽くなるのは確かです。月の返済を増やして総額を抑えるか、月返済を抑えて総額を増やすかを選択することになりますが、より完済できる可能性が高い方法を取ることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加